記事一覧

まず、時計の大きさを痛感した。

数週間前、ついにシャドウと私の出会いが現実のものとなった。宅配便の追跡情報を受け取り、とてつもない興奮を覚えた。私のアパートに届いたとき、FedExの「ここから開封」を破って開けると、そこに時計があった。

ネットで何度も購入を検討した時計を、実際に手に取ってみるというゴールデンルール。そこで私は何を感じ、何が変わったのだろうか。まず、時計の大きさを痛感した。すでにリバティを体験しているため、37mmというサイズは目新しいものではなかったが、ここでは違う。ショーン・ジェイ・Z・カーターの言葉を借りれば、「All Black Everything」の美しさを持つこの時計は、実際小さく感じた。これは想定外だった。

もうひとつ、手にしたときに面白いことがあった。特急列車のような衝撃を与えてくれると思っていた「驚き」が、そこにはなかったのだ。興奮を溜め込みすぎたのかもしれないし、期待しすぎていたのかもしれないが、この時計にはもう魔力が感じられなかった。だからといって、嫌いになったわけではない。あの日、自宅で一時的に手にしたときも、夢中になっていた頃のよさはそのままだった。

2022新作 ゼニス デファイ エル・プリメロ スーパーコピー 21 95.9000.9004/78.R582

でた〜!! 1/100秒計測可能なクロノグラフ! ゼニス新CEOジャン・クロード・ビバー氏のパワーが早くも発揮された革新的モデルです。100振動というクロノグラフ専用エスケープメントを搭載し、カーボン・マトリックスを使ったヒゲゼンマイも初めて実装されています。
モデル名 : デファイ エル・プリメロ 21
リファレンス : 95.9000.9004/78.R582
ムーブメント : 自動巻 エル・プリメロ 9004
ケース素材 : チタン
文字盤 : スケルトン
ケース径 : 44.0mm
防水 : 10気圧
付属品 内箱、外箱

他にも、画像や動画では絶対にわからないようなことがあった。例えば、純正のストラップでは、手首にぴったりとフィットさせることができなかったのだ。ストラップが左右にずれてしまい、想像していたほど(あるいはリバイバル リバティを使用していたときと比べると)には快適ではなかった。

そのとき、私は一見当たり前のような事実を思い知らされた。すべての時計が万人向けではないということだ。そして、その時計を持っていなくても、さまざまな理由でその時計を評価することができる。ゼニスのリバイバル シャドウは、エンジニアリングとデザインの見事な作品であると思う。一日中文字盤を見つめていても飽きないほどだ。着用感は、私にはフィットしなかった。それは他の誰かにとっても同じことなのだからいいのだ。先ほど話したレッド シードゥエラーも同様だ。43mmのケースは、手首の長さ16cmの私には到底無理なサイズだが、それでもあの時計は大好きだ。

このゼニスの体験から学んだことは、実際に見ていなければ絶対に起こり得なかったことだ。返送した今も、この写真を含め、画像を見ている。「間違いだったかだろうか」と思うこともある。でも、結局のところ、私は自分のやれることはやったのだと思う。

【関連記事】:http://hotc.jp/diary.cgi

コメント一覧

ブランドコピー買ってみた URL 2022年03月30日(水)18時24分 編集・削除

スーパーコピー 買ってみた ブログ,スーパーコピー 安全なサイト