記事一覧

1990年代の終わり頃バーゼルフェアでの邂逅

そのパネライが復興を遂げ、現物を初めて見ることができたのは1990年代の終わり頃で、確かバーゼルフェア会場の5号館に出展されていた、一間間口くらいの小さなブースのウインドウ越しのことだった。この時代はヴァンドーム・グループ(現在のリシュモン グループ)が傘下に収める前だったから、1997年くらいのことだったと思う。

2021年 パネライ 偽物 コピー 腕時計 新作 ルミノール マリーナ ファイバーテック™ 44mm PAM01663

最初期のロレックスの腕時計と同じような、クッション・スタイルのケース。確かにユニークなデザインと、圧倒的な存在感を、その時計は持っていたのだった。ちょうど時代は「デカ厚時計」が流行し始めた頃で、そのスタイルにはすぐに時計ファンの心をつかんでいく予感を持った。

​【奇跡の再入荷!即発送】ロレックススーパーコピー ヨットマスター 116655

パネライを買収した、グループのトップであるルパート氏から、アンジェロ・ボナーティ氏がブランドの再構築を命じられたのは、1997年のことだったようだ。ボナーティ氏が、あるインタヴューで述懐していたように、最初はアシスタントもおらず、オフィスには彼の机と椅子だけというスタートだったそうだ。

だがパネライというブランドには確固たる資産があった。それこそがルミノールに代表される、完成度の高い一群の時計だったのだ。

彼が抜擢されたのは、それまで彼がカルティエのイタリアにおける販売責任者であり、イタリアのマーケット、とりわけ各地の小売店を熟知していたから、そして何よりガッツのある男だったからであろう。

すぐ届く!カルティエ 時計 コピー カルティエ パシャ ドゥ カルティエ ウォッチ 関税込みWGPA0014


【関連記事】:http://elbronne.com/reservation/images/diary.cgi

コメント一覧

ロエベ コピー URL 2022年03月24日(木)17時27分 編集・削除

人気絶大のロエベスーパーコピーをはじめ、ロエベコピーオンラインショップでは