記事一覧

ベン・クライマー:スピードマスターと歩んだ自分史

これは、私にとって非常に複雑な質問だ。最初に断っておくと、自分勝手な理由で一番好きなスピードマスターは、自動巻きのトリプルカレンダーを搭載したMK40だ。祖父が晩年に身につけ、10代半ばの私にくれた時計であり、私が時計を完全に好きになるきっかけとなった時計だ。Entrepreneur Magazine誌からインタビューを受けた際、話題は終始この時計にまつわるものとなった。作家のマット・フラネック氏が著書『A Man And His Watch』で「私の選ぶ時計」を尋ねられたとき、私が選んだのは、バルジュームーブメントを搭載した、すっかり忘れ去られた当モデルだった。この時計がなければ、現在の私は存在しないし、TOPKOPIもなかっただろう。読者の皆さんはそのことを理解してくれるので、私の感傷的な視点はさておき、ストーリー性、デザイン性、コレクション性、そして着用感をシンプルに高く評価しているスピードマスターを紹介したい。

オメガ スピードマスター スーパーコピーアポロ13号 45周年記念 スヌーピー アワード311.32.42.30.04.003

品名 スピードマスター
型番 311.32.42.30.04.003
ケース径 42.0mm
ケース素材 SS
防水性 5気圧
ストラップ ナイロン
ムーブメント 手巻き、Cal.1861
付属品 内箱、外箱
保証 当店オリジナル保証3年間付
商品番号 omger201654
ケースバックには「シルバースヌーピーアワード」の副賞としてNASAからオメガに贈られたシルバー製メダルを再現した「宇宙遊泳を楽しむスヌーピー」の姿がで描かれ、特別なモデルであること示しています。ベゼルディスクはセラミック製の黒いアプライドインデックスに黒い針で、タキメータースケールにはスーパールミノバが使われています。

ここでは、Cal.321ベースのスピードマスターについてのみお話ししたい。なぜなら、物事は正攻法でしか理解できないと信じているからだ。私が初めてCal.321ベースのスピーディを買ったのは11年前、パトリッツィ&Co.社を通じてのことだった。カタログではRef.145.022と誤記されていて、実際はRef.145.012だった。私はそれを1850ドルで購入した。その時計は何年も使っていたが、経年変化したオレンジ色のロリポップ針が素敵なCK2998-1の下取りに手放してしまった。BASE1000のブラックベゼルではなかったが、私は気に留めなかった。この時計が私をスピーディの虜にしたのだ。小ぶりなケース、リューズガードなし、独特のヴィンテージ感、そして「アポロ以前」のオーラに、私はとても引かれたのだ。そこで私は、他のものとつながりのあるスピードマスターを探し始めた。

その結果、必然的にRef.2915に辿り着いたのだった。これは、レーストラック上のドライバーにタイムを知らせるという、オメガにとって明確な目的を持ったスピードマスター初のモデルだ。スティール製ベゼルと太いブロードアロー針を持った、今日のスピードマスターとは劇的に異なる第一世代のスピードマスターを所有することは、私にとって魅力的なことだった。最初に購入したのは、まずまずのコンディションのRef.2915-3だった。そのときは大金を払って購入したのだが、ある友人に“スピードマスターに3万ドルも払うのは君くらいだよ”と言われたことを鮮明に覚えている。唯一人ではないかもしれないが、非常に少数のなかの一人であることは確かだろう。数年後、私はそのRef.2915-3をオリジナルブレスレット付きの極上のRef.2915-1の下取りに出した。このような最初のリファレンスを手に入れたことで、私はスピードマスターの“至福の境地(ニルヴァーナ)”に到達したと思った。何年も保管し、私のコレクションの柱となっていた。状況が一変するまでは。Ref.2915の価格が天文学的な値にまで上昇していき、私は不安になり始めた。そこで、私は自分のものを売って、超ニッチな個体に焦点を当て直した。初代アラスカプロジェクト、ペルー自動車クラブ(今まで買えていないが、いつか手に入れたいと思っている)、そして最後に、現在所有しているCK2998などだ。

この個体は正確にはCK2998-6で、フランスの空軍基地で購入されたものだ。基地での領収書や証明書、化粧箱などがすべて揃っていて、時計の状態も素晴らしい。この時計は本家本元から購入された来歴の個体で、それをヴィンテージウォッチを好みの指標とする私にとって、まさに完璧な個体だ。私はよくこの時計を身につけている。実際、この記事を執筆しているこのときもこの時計を身につけている。

ここで、私のもうひとつのお気に入りであるスピードマスター、H10を紹介しよう。もし、私の感傷的なお気に入りのスピーディ77とMK40を、私の構造的なお気に入りのスピーディであるCK2998と組み合わせるとしたら、何が出てくるか想像してみて欲しい。それはもちろん、私たちがオメガとのパートナーシップ10周年を記念して発表したH10ウォッチだ。1963年に製造された私のCK2998とほぼ同じケースに収められたこのモデルは、クラシックな雰囲気を醸し出しているが、ダイヤルは私の人生で最も重要な時計を彷彿とさせる。私はH10をいつも身につけていて、極端に偏った見方をしていることは承知の上で、私のお気に入りのスピーディのひとつであると断言しよう。

私はこれまでに多くのスピードマスターを所有してきた。現在、私のコレクションには4本のスピードマスターがあるが、ACP(ペルー自動車クラブ)、アラスカプロジェクト、そして素晴らしいオリジナルのレーシングダイヤルなど、いつか所有したいと思うお気に入りがまだたくさんある。スピードマスターの物語は宇宙開発が中心かもしれないが、スピードマスターの世界には他にもたくさんのストーリーがあり、まだ発見されていないものに至っては、もっと多いだろう。では、私のお気に入りのスピードマスターは? MK40、H10、軍用時計としての実績を持つ私のCK2998はもちろんだ。でも、まだ発見されていない素晴らしいストーリーを持つスピードマスターこそが私のお気に入りだ。

コメント一覧

ミルフローラ 偽物 URL 2022年02月17日(木)17時32分 編集・削除

『ミルフローラ』名前からして美しいですが、その意味は”千の華”。女性らしい華やかなデザインが人気のジュエリーショップです。

ルイヴィトン 偽物 URL 2022年02月18日(金)18時11分 編集・削除

老若男女問わずに絶大な人気、知名度を誇るルイヴィトン!年々クオリティが高くなるスーパーコピーの真贋ポイントを解説