記事一覧

宇宙:最後のフロンティア

1957年10月4日、スプートニクの打ち上げ成功は宇宙開発競争の始まりを告げ、その後数十年にわたる地政学的、科学的、軍事的な状況を形作った。50年代の低俗な雑誌は、人類が天空を征服するという未来像をロマンティックに描き、新たなフロンティアを開拓する必要性を訴えていた。1958年にNASAが設立され、そのミッションステートメントは「全ての人のために(For the Benefit of All)」という簡潔なキャッチフレーズに集約され、宇宙旅行は文化的支柱となった。

 宇宙から見ると地球には国境はない。地球を超えた世界には、一体感や共同体意識といったものが存在する。それはまさに、広告が捉えようとする楽観主義やロマン主義と同じものである。

图片描述

オメガ スピードマスターは、1969年に月に行ったが、以来、それはオメガのコミュニケーションの中心的なテーマとなっている。「それはやや日常的なものになってきています。でも、オメガの誰ひとりとしてそれに慣れてしまったわけではありません」。2020年、オメガは依然としてNASAの宇宙飛行士にスピードマスターを提供している。それは今でもルーティンになっている。そして、彼らはまだそのことに感動を失ってはいないのだ。スピードマスターに対する熱意(オメガのマーケティング部門と愛好家の両方)は、この広告が70年代初頭に掲載されて以来続いている。

图片描述

この広告コピーは、シクラがアポロ11号の宇宙船の形をした時計を合計3本製造したと伝えている。月面着陸を記念して、時計は宇宙飛行士一人一人に贈られた。これは収集の観点からも興味深い。これらの時計は今どこにあるのか? しかし、マーケティングの観点から見るとさらに興味深い。この広告は、シクラがこのミッションに何らかの利害関係をもっていたことを示唆しているのだろうか? そうではない。しかし、このマーケティングの取り組みは、人類の偉大な功績の一つに対してノスタルジーを感じさせるものとなっている。公平を期して言うなら、「…人類にとっては偉大なる飛躍である」という言葉には、我々全員、もちろんシクラも含まれている。

图片描述

この広告には、一般的なミサイルが描かれているが、単純に想像したものではない。この広告が掲載された1961年当時、ソ連と米国は長距離を航行して世界中に核弾頭を運搬するミサイルを開発していた。興味深いのは、この広告が掲載された1年後、世界が全面的な核戦争に最も近づいたと考えられているキューバミサイル危機が発生したことだ。ピッグス湾事件の失敗をきっかけに、ソ連はキューバが主導する同島への核ミサイル配備計画にゴーサインを出した。フルシチョフとカストロは、ミサイルサイロの建設を進めるために秘密裏に会談した。1962年10月14日、U-2偵察機がソ連のSS-4ミサイルを撮影した。SS-4は、キューバから米国まで到達する慣性誘導方式で、メガトン級の核弾頭を運搬できる能力をもっていた。当時の時代精神を感じさせるものである。

图片描述

核の時代、そして宇宙探査の時代になると、自動車のテールフィンの飾りや、衛星をイメージしたロゴ、宇宙船をモデルにした時計ケースなど、デザインの幅が広がった。私には、この時計でどうやって時間を読むのかさえよく分からない。

图片描述

アートディレクションは、コピーライティングと同じくらい効果的である。このケースでは、星や銀河の中に置かれた時計が、シチズン クリストロンを宇宙探査というより大きな話題と結びつけ、技術の最先端というこの時計の位置付けをサポートしている。コピーは宇宙については一切触れておらず、この時計が月差3秒の精度であることだけが記されている。2019年には、シチズンは世界で最も正確な時計。