記事一覧

ロレックスの実勢相場を決定する要因

ロレックスの相場を決める要因は様々ですが、一つには為替相場があります。

高級腕時計の多くは海外ブランドであるため、為替レートが大きく関わってくるのです。

そのため、ここ数年続く円安傾向は、ロレックスだけでなく相対的に輸入品の国内価格を上げる大きな要因となりました。

もっとも近年のロレックスの高騰は、もはや為替だけでは説明できない上昇率です。

詳細な実勢相場についてはこの後ご紹介いたしますが、なぜ他の輸入品と比べてロレックスはここまで急騰しているのか。その理由は、ロレックス特有とも言うべき現象となりますが、もともとの供給量よりもはるかに需要が上回ることが挙げられます。

とりわけデイトナやGMTマスターIIは正規店でほとんど手に入らず、並行輸入店が仕入れを競い合う状態に。

人気 ロレックス デイトナ コピー コスモグラフ 116500LN ブラック

バーゼルワールド2016で世界中に衝撃を与えたデイトナのニューモデル「Ref.116500LN」。
前作は、ケース素材と同じステンレスベゼルでしたが、新作はブラックセラミック製に変更され、傷に強くなったことはもちろんの事、1960年代のプラスチックタキメーターを彷彿させるデザインとなっています。
また、ロレックスは2015年から自社規定のクロノメーターをより厳しくしたことも発表しています。
それはケーシング後の平均日差を-2~+2秒以内で調整するというもので、これは通常の公認クロノメーター規格の2倍以上も厳格な基準となります。


2022新作 ロレックス スーパーコピー GMTマスターII ジュビリーブレス 126710BLNR

バーゼルワールド2022のメインモデル。新世代ムーブメントを搭載し、生まれ変わったバットマン
「やはりきたか」この新作を前に、しばし思いに駆られたものです。 ロレックスは昨年同様、バーゼルワールド2019においても新作GMTマスターIIを打ち出しました。 「次のGMT新作は黒ベゼルか、青黒ベゼル―通称バットマンか」バーゼル前夜にはこういった予想が飛び交っていたので、順当な新作だと思います。 基本デザインは従来の116710BLNRと大きくは変わりません。 昨年ペプシモデルでレギュラーとして初登場した126710BLRO同様に、ジュビリーブレスレットを搭載させてきました。これも想定の範囲内でしょうか。 近年、セラクロムベゼルを搭載するなど、繊細な、しかしドラスティックなデザインイノベーションを行ってきたロレックスですので、思ったよりは無難な路線かな、とも思ったファンはいるかもしれません。 しかしながらロレックスはもともとオリジナルのデザインを踏襲しているところが大きな魅力。ファンも奇抜なデザインなどは望むところではありません。 また、展示されている実機を会場で見た限りでは、これまでのバットマン同様に非常に完成されたデザインに仕上がっており、これは人気が出るだろうな、と思いました。 細部を見るとアップデートが加わっています。その詳細は後述するとして、実はバーゼルワールドの喧騒のかたわらで、116710系が全て絶滅しているのではないか、という情報が飛び込んできました。もちろん、黒ベゼルも含めて。

「どんなに値上がりしても、ロレックスのスポーツモデルだけは必ず売れる」とは某バイヤーの言葉。

さらに前述した新型コロナウイルスの影響によってユーザーの購買マインドが変化したことも、ロレックス高騰の背景の一つとして挙げられます。レジャーや飲食への消費から、高級嗜好品消費へとシフトし、ロレックス需要が増えている、というわけです。また新型コロナウイルスに留まらず、ロシア・ウクライナ危機によって原油や貴金属類が高騰した結果、そもそもの原価が高騰し、各メーカーは定価改定(ロレックスでも2022年、既に二度に渡る定価改定が行われています)。定価改定がすぐに実勢相場に反映するわけではありませんが、仕入れ値が上がる、および定価改定によって話題性が高まった結果、ロレックスへの買いがいっそう集中し、ますますロレックスの品薄・相場高騰は加速しているのが現状なのです。

このような状況下においてもロレックス自体の「買い控えが始まった」という話は一向に聞かず、むしろ多くの時計店が価格競争を行うため、非常に回転よく売買がなされている製品でもあります。この傾向は、ボーナス商戦がスタートしたり、今年の新品が出回り始めたりする今後の季節において、ますます激化すると容易に想像できますね。

以上のことを鑑みるとまだまだロレックス人気は衰えず今後も価格は高騰し続けるでしょう。

一方で買取相場は上昇し、近年稀に見る売り手市場に。

購入を考えている方は、あるいは今が最も熱い買い時かもしれません。

それでは次項より、現在のロレックスの各モデルについて、価格動向をご紹介いたします。