記事一覧

ロレックス サブマリーナー/未確認デジタルウォッチの重ね着け - 米国海洋大気庁アクエリアス研究所

1本の腕に2本の時計を装着するのは、完全な“力技”である。そしてまた、海底調査の仕事もそれが求められる。しかし、この技術者はロレックスのダイバーズウォッチともうひとつの未確認時計を重ね着けしている。アクエリアス海底研究所は、米国海洋大気庁(NOAA)が資金を提供する国家海底研究プログラム(NURP)の一機関である。アクエリアスは海底研究所のなかでも異例な存在で、科学者が生活できるよう常駐しているからだ。

新世代 ロレックス スーパーコピー サブマリーナーデイト 126610LN

カテゴリ ロレックス サブマリーナー
型番 126610LN
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ブラック
外装特徴 回転ベゼル
ケースサイズ 41.0mm
機能 デイト表示
付属品【詳細】 内箱 外箱 ギャランティー

2022年発表の新世代モデル【126610LN オイスターパーペチュアル サブマリーナーデイト】。
ケースサイズを1mmアップの41mmに設定し、逆回転防止ベゼルには耐久性に優れたセラクロムベゼルインサートを備えます。また、前モデルのがっしりとしたラグは、強靭性は残したままスマートなデザインに変更されました。
インデックスと針に塗布されたクロマライト・ディスプレイは、暗闇の深海においても高い視認性が確保されます。
ムーブメントには耐衝撃性に優れたブルーパラクロム・ヘアスプリングを備えた70時間パワーリザーブの自社製自動巻きキャリバー3235を搭載します。

サンドス “ベビー・パネライ” - イスラエル、エイラートのダイビングクラブ「アクバ・スポーツ」 1969年

ハーバード大学のデジタルアーカイブから、1969年にイスラエルのエイラートでふたりのダイバーを撮影した画像を紹介する。1962年に設立されたダイビングクラブ「アクアスポーツ」は、紅海の美しさを余すところなく体験することができるクラブだ。手首につけている時計を割り出すのは厄介だった。時計に詳しい人たちの叡智によると、“ベビー・パネライ”と呼ばれるサンドスのデプス・マスターのようだ。この頑丈なステンレススティールケースは、’60年代から’70年代にかけて多くのメーカーで採用された。1000m潜水可能なこの時計は、プロのダイビングインストラクターにふさわしいツールウォッチと言えるだろう。

【関連記事】:ランキング新作デザインに見る2022年バッグ製品は